タトゥー除去の種類について

タトゥー除去をするには、さまざまな方法があります。

タトゥーや刺青を入れる人は多いですが、それを後悔する人も増えています。タトゥー除去の種類としては、レーザー、切除、剥離、植皮などがあります。レーザーは、黒や青などの一色で入れた場合に有効です。
従来では、レーザーが反応しなかった赤やオレンジなども消すことができるそうです。皮膚へのダメージが少ないというのが特徴ですが、広範囲のものや複数の色のものは難しい場合もあります。


切除は、タトゥーの部分を切り取り周りの皮膚をつなぐ方法です。

マイナビニュース情報について詳しく解説しております。

完全に除去することが可能ですが、傷跡が残る場合もあります。

剥離とは、タトゥーで入れた色素の部分だけを取り除く方法です。

広範囲のものも短時間の治療で済むというメリットがありますが、ケロイド状に残りやすいというデメリットもあります。

タトゥー部分の皮膚を取り除き、自分の皮膚を移植する方法です。



これも短時間で済みますが、手の甲など皮膚が少ない部分はできない場合があったり、うまく皮膚が定着せずに壊死してしまう場合もあります。



多額の費用と時間がかかるタトゥー除去ですが、たくさんのクリニックを比較することや、仕上がりにも左右するのできちんと医師と話し合うことも大事です。

タトゥーや刺青を除去しようと考えている人は、除去の仕方によっては何度も通院しなくてはならないかもしれません。

通いやすさなども考えながらクリニックを選ぶことが大切です。